ロックと悪魔 第十四回 カトリック文学の悪魔1黒木朋興

前回まで、しばらくプロテスタント圏の文学作品における悪魔表象を見てきた。今回からは、しばらく、カトリックであるフランスの文学作品における悪魔表象を見てみたい。 フランス文学における悪魔の描き方の特徴は、ロベール・ミュッシ … 続きを読む ロックと悪魔 第十四回 カトリック文学の悪魔1

政治支配を考える─マルクスを中心に─田上孝一

前回と前々回のコラムで紹介したように、ここ最近は編著を数多く出している。前回の『権利の哲学入門』は2017年、前々回の『原子論の可能性』は2018年に出版した。そしてつい最近も、『徳と政治』という共編著を出した。この本は … 続きを読む 政治支配を考える─マルクスを中心に─

アゴラまでまだ少し 第15回 家族とノイズを笑う時間 (後編)葛生賢治

(前編のまとめ)繰り返し報道される児童虐待事件とCMやドラマで流される美しき家族愛のイメージとの乖離。現代社会の「家族」はまるでスピルバーグの映画『トワイライトゾーン』に登場する「殺伐とした他人の関係」と「薄っぺらなファ … 続きを読む アゴラまでまだ少し 第15回 家族とノイズを笑う時間 (後編)

アゴラまでまだ少し 第14回 家族とノイズを笑う時間 (前編)葛生賢治

ホーム・スウィート・ホーム スティーブン・スピルバーグ製作のSFオムニバス映画『トワイライトゾーン / 超次元の体験』(1983)の中に「こどもの世界」というエピソードがある。新たな職場となる学校へ車で移動中の女教師ヘレ … 続きを読む アゴラまでまだ少し 第14回 家族とノイズを笑う時間 (前編)

ロックと悪魔 第13回 プロテスタント文学の悪魔3黒木朋興

それ以前の作品に対して、ホフマンの長編小説『悪魔の霊酒』の最大の特徴は、悪魔が実際に姿を現さないことである。悪魔は人の心に取り憑き、悪事を唆すのだ。 人の心に取り憑くとは、一言で言えば、内面の声ということである。例えば、 … 続きを読む ロックと悪魔 第13回 プロテスタント文学の悪魔3

娯楽と中国文化―白話小説のキャラクターたち―第11回 戦うヒロイン―十三妹(シーサンメイ)『児女英雄伝』石井宏明

前回では、十三妹が使う武器、弾弓、袖箭について見て、最後にやはり彼女が使う武器の一つである日本刀について見てみました。今回はその続きです。 前回で見たように、中国では宋代(960~1279)にすでに日本刀の存在が知られ、 … 続きを読む 娯楽と中国文化―白話小説のキャラクターたち―第11回 戦うヒロイン―十三妹(シーサンメイ)『児女英雄伝』

ロックと悪魔 第12回 プロテスタント文学の悪魔2黒木朋興

 今回は、ホフマンの長編小説『悪魔の霊酒』を詳しくみてみたい。  この小説においても、登場するのは霊的な存在であるサタン=堕天使ではなく肉体を持った人間である。それと同時に、物語の冒頭からサタンの存在が前面に押し出されて … 続きを読む ロックと悪魔 第12回 プロテスタント文学の悪魔2

楽しく学ぶ倫理学 第20回  動物権利論の実践的帰結田上孝一

前回の連載で、もし我々が人権を尊ぶのならば、論理的必然として同時に動物の権利も尊重しないといけないと提起した。しかしこうした動物権利論の提唱には当然、大きな反発があろう。それは無理だし、土台絵空事だというように。ところが … 続きを読む 楽しく学ぶ倫理学 第20回  動物権利論の実践的帰結